個人融資掲示板ブログ

いつもご利用ありがとうございます。

個人融資掲示板マロンツリーです

突入テロか、73人死亡=トラックが花火客の列に―仏ニース

【パリ時事】フランス南部のリゾート地・ニースで14日午後10時半(日本時間15日午前5時半)ごろ、フランス革命記念日を祝う花火を見物するために集まった人たちの列にトラックが突っ込んだ。

〔写真特集〕仏ニースで花火客の列にトラック突入

地元メディアは、73人が死亡したと報じた。負傷者も100人以上に達した。

仏検察当局は、テロ事件として捜査に着手する方針を決めた。これに先立ち地元当局は、「意図的な攻撃」の可能性があると指摘した。英BBC放送(電子版)は「警察と車両所有者との間で銃撃があったとする情報がある」と伝えた。運転手は銃撃で死亡した。地元メディアによると、車内から銃と手りゅう弾が発見された。実行犯の身元は不明。

トラック突入を受け、花火見物客は現場から逃げ出すなどパニックになった。現場はプロムナード・デ・ザングレ(英国人の散歩道)と呼ばれる地中海沿いの通り。被害は約2キロにわたって発生したとみられている。マルセイユの日本総領事館によると、現時点で日本人が事件に巻き込まれたとの情報はない。

オランド大統領は突入事件を受け、訪問先の仏南東部アビニョンから直ちにパリへ戻り、対策の陣頭指揮を執ることを決めた。パリでは昨年11月、同時テロ事件が発生。同大統領は14日、同事件以降継続してきた非常事態について期限である26日に解除する考えを明らかにしたばかりだった。

革命記念日に当たる14日は、パリ中心部のシャンゼリゼ通りで恒例の軍事パレードが行われるなど国内が祝賀一色になる。捜査当局は、こうした日を選び、突入事件を起こした実行犯の動機や背後関係について捜査する方針だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る