個人間融資マロンツリー ブログ

いつもご利用ありがとうございます。
個人間融資マロンツリーです。

金額よりも大切な「%」 投信の価格変動リスク

「リスクを取らなければもうけはない」が資産運用の鉄則だが、リスクへの理解が乏しいまま投資信託を購入すると、予想外の価格下落で含み損を抱えたまま塩漬けになるといった事態になりかねない。投信のリスクは「価格変動リスク」として数値化できる。「何円上がった・下がったか」の騰落幅ではなく、「何%上がった・下がった」の騰落率で値動きを捉えることで、価格変動リスクの仕組みが分かってくる。

金額よりも大切な「%」 投信の価格変動リスク
写真:NIKKEI STYLE
■値動きの荒っぽさを示す尺度
 投信の目論見書や販売用資料には「投資リスク」として基準価格の変動要因が記載されている。「株価変動リスク」「為替変動リスク」「金利変動リスク」「信用リスク」「カントリーリスク」「流動性リスク」などだ。ただ、いずれの解説もやや抽象的であり、ファンドの基準価格の変動に対し、それぞれのリスクがどの程度関係するのか具体的にイメージするのは難しい。
 こうした各種リスクが投信の価格変動に及ぼす影響を数値化したのが価格変動リスクだ。このリスクとは「危険」という意味合いではなく、「値動きの不確実性の度合い」を示す尺度であり、荒っぽい値動きとなるのか、緩やかに変動するのか、その傾向を表す。英語ではボラティリティーと呼ぶ。
 値動きの具体例として、代表的な日本株指数である日経平均株価とドル・円相場の過去10年間の推移を比較してみた(グラフA)。一見して、日経平均の方がドル・円相場よりも上下の変動が激しいことが分かる。

 価格変動リスクは時間とともに変動する値動きの振れ幅を統計的に数値化したものであり、数値が大きいほど値動きが荒っぽく、小さいほど緩やかなことを示す。ただ、数値の大きさはあくまで上下動の激しさであるため、急落による元本割れだけでなく、急伸による価格上昇もリスクとして扱うのは注意点だ。
当サイトは全国対応の個人間融資掲示板です

北海道個人間融資
青森個人間融資
秋田個人間融資
岩手個人間融資
山形個人間融資
宮城個人間融資
新潟個人間融資
福島個人間融資
石川個人間融資
富山個人間融資
長野個人間融資
群馬個人間融資
栃木個人間融資
茨城個人間融資
千葉個人間融資
神奈川個人間融資
東京個人間融資
埼玉個人間融資
山梨個人間融資
静岡個人間融資
岐阜個人間融資
福井個人間融資
愛知個人間融資
滋賀個人間融資
京都個人間融資
三重個人間融資
奈良個人間融資
和歌山個人間融資
大阪個人間融資
兵庫個人間融資
鳥取個人間融資
岡山個人間融資
島根個人間融資
広島個人間融資
山口個人間融資
香川個人間融資
徳島個人間融資
高知個人間融資
愛媛個人間融資
福岡個人間融資
大分個人間融資
佐賀個人間融資
長崎個人間融資
熊本個人間融資
宮崎個人間融資
鹿児島個人間融資
沖縄個人間融資

全都道府県の方からのご融資のご案内のご投稿をいただいておりますので
ご近所の方からご融資を受けたいということであれば必ず見つかりますので
この機会に是非当サイトマロンツリーご利用お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る