個人融資掲示板 マロンツリーブログ

いつもご利用ありがとうございます。
個人間融資掲示板マロンツリーです。

銀行からの「お付き合いのお願い」にどう対処したらよいか」

取引金融機関から特に期末の時期になると、担当者や支店のノルマのために「お付き合い」のお願いをされたことがあると思います。借入を筆頭に、クレジットカードや投資信託、為替デリバティブ等々の種類がありますが、今回は弊社のクライアントに対する期末のお願いについてお話をさせて頂きます。
期末のお願いは突然やってくる
3月中旬のお話でしたが、クライアントは「消費税の納税(3月決算なので5月に納付)」のために融資を受けている金融機関に定期預金を預けておりました。(金額は20百万円ほど)
クライアントの財務内容は「正常先」であり、毎年銀行から借り入れをしなくても、自己資金にて既存の借入を返済できるほどのキャッシュフローを稼ぎ出しております。銀行も一行取引に集約して半年ほどが経った状況でした。さらに、クライアントの決算期も3月で同じです。
 その先への期末の提案が「電話」で「期末なので、定期預金を担保にして借入をしてもらえませんか?」でした。
皆様は、この提案に対して、どのような印象をもつでしょうか?
・いつもお世話になっているし、そのぐらいは協力してあげてもいいかも
・一カ月ぐらいの借入ならしょうがないかも
というご意見もあると思いますが・・・・
このように期末のお願いは突然かつ、身勝手な?感じで来るものです。
銀行は相手の決算期を気にしているようで気にしていない
クライアントから私に相談がありましたが、私の答えは以下の理由から「ノー」でした。
・無担保ではなく、なぜ定期預金を担保にしてまで借入をしないといけないのか
・クライアントも決算期末なのに不要な借入額を増やす意味が見えない
・電話でお願いされる話の内容でもない
・一行取引をしていることに対して足元を見ているように聞こえる

です。金融機関には「弊社も今月は期末なので、借入を増やしたくないので、お断りします」と大人の対応をして頂きましたが、いまだにこのような自分勝手なお願いがあるのも実情のようです。
また、別のクライアントでは、「社債で借り入れをしてもらえるのであれば、長期資金を出します」などの提案があったとの声も聴いております。金融機関が「社債」にこだわるのは「手数料収入」が欲しい以外ありません。通常の「長期借入」で企業の資金調達は十分なはずなのに、期末時期にあえて「社債」形式にこだわるのは金融機関の「エゴ」以外にありえません。
皆さんも、これから取引金融機関から様々な提案を受ける機会があると思いますが、本当に皆様にとって有効な提案なのか? 決算への影響はないのか? 冷静に判断して頂いた上で、対応して頂けたらと思います。
銀行からの提案を断ったとしても、今後の取引にマイナスの影響になることはありませんので、ご安心くださいね。

当サイトは全国対応の個人間融資掲示板です

北海道個人間融資
青森個人間融資
秋田個人間融資
岩手個人間融資
山形個人間融資
宮城個人間融資
新潟個人間融資
福島個人間融資
石川個人間融資
富山個人間融資
長野個人間融資
群馬個人間融資
栃木個人間融資
茨城個人間融資
千葉個人間融資
神奈川個人間融資
東京個人間融資
埼玉個人間融資
山梨個人間融資
静岡個人間融資
岐阜個人間融資
福井個人間融資
愛知個人間融資
滋賀個人間融資
京都個人間融資
三重個人間融資
奈良個人間融資
和歌山個人間融資
大阪個人間融資
兵庫個人間融資
鳥取個人間融資
岡山個人間融資
島根個人間融資
広島個人間融資
山口個人間融資
香川個人間融資
徳島個人間融資
高知個人間融資
愛媛個人間融資
福岡個人間融資
大分個人間融資
佐賀個人間融資
長崎個人間融資
熊本個人間融資
宮崎個人間融資
鹿児島個人間融資
沖縄個人間融資

全都道府県の方からのご融資のご案内のご投稿をいただいておりますので
ご近所の方からご融資を受けたいということであれば必ず見つかりますので
この機会に是非当サイトマロンツリーご利用お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る