個人間融資 マロンツリー ブログ 11/28のニュース

いつもご利用ありがとうございます。

個人融資掲示板マロンツリーです

<フィンテック>スマホで決済 現金消えた スウェーデン
◇パン屋は「現金お断り」

 「支払いはスウィッシュで。クレジットカードより便利だから」。スウェーデン・ストックホルム南部の駅前の路上。通行人に雑誌を売っていたホームレスのラスさん(73)は笑顔で呼びかけた。「スウィッシュ」はスウェーデンの大手6銀行が共同運営するスマートフォンの決済アプリ。ラスさんが首にかけたカードに記された携帯電話番号にメッセージを送れば、支払い完了だ。一方、すぐ近くで「施し」を求めていた物乞いの男性(48)が持つ紙コップには、通貨クローナは一枚もなかった。「みんな現金を持たなくなったんだ。外国人がくれるユーロが頼りだよ」。男性はうつろな目でつぶやいた。

 2012年に運営を開始したスウィッシュは、携帯番号と銀行口座がひも付けされ、店での支払いや個人間のお金のやりとりが瞬時にできる。国民の半数以上が使い、若年層(19~23歳)の利用率は95%に達する。中央銀行のリクスバンクが実施した調査では、財布に現金を入れていない人は15%に達した。

 パン屋は「現金お断り」。店員のイザベラさん(21)は「お金に触れないことで衛生的にパンを扱える」と話す。スウェーデンは15年にクローナ紙幣のデザインを変更したが、「もう1年半以上使っていないので、デザインは覚えていない」と話す。

 日曜日の朝、訪ねた教会では、入り口に献金先としてスウィッシュの番号を記したカードが積まれていた。「スウィッシュを使った献金が増えた」と世話役の男性は言う。バスや電車の発券機も、ほとんど現金は使えない。タクシー運転手(52)は「現金で払う人は外国人旅行者くらいだ」と笑った。銀行も様変わりしている。現金自動受払機(ATM)が撤去され、国内銀行の全支店の半分以上が現金を扱わない。現金のない支店を襲撃した強盗が何も取らずに逃げた事件が話題となったという。

 一方、ITについていけない高齢者は苦しんでいるようだ。ストックホルム郊外の路上で手作りの手袋を販売する年金受給者のビーテさん(68)は「現金で売りたいが現金を持つ人が減ってしまった」と困惑顔を見せた。

 リクスバンクはデジタル通貨「eクローナ」の発行を検討し始めた。スウィッシュを持たない人が困らないよう、中銀が自らデジタル通貨を発行し、国民に提供する試みだ。18年中に結論を出す考えだが、経済への影響など未知の課題は多い。eクローナのプロジェクトリーダー、エバ・ユリン氏は「デジタル通貨は我々が強制するものではなく、スウェーデン社会が求めているものだ」と話した。

当サイトは全国対応の個人間融資掲示板です

北海道個人間融資
青森個人間融資
秋田個人間融資
岩手個人間融資
山形個人間融資
宮城個人間融資
新潟個人間融資
福島個人間融資
石川個人間融資
富山個人間融資
長野個人間融資
群馬個人間融資
栃木個人間融資
茨城個人間融資
千葉個人間融資
神奈川個人間融資
東京個人間融資
埼玉個人間融資
山梨個人間融資
静岡個人間融資
岐阜個人間融資
福井個人間融資
愛知個人間融資
滋賀個人間融資
京都個人間融資
三重個人間融資
奈良個人間融資
和歌山個人間融資
大阪個人間融資
兵庫個人間融資
鳥取個人間融資
岡山個人間融資
島根個人間融資
広島個人間融資
山口個人間融資
香川個人間融資
徳島個人間融資
高知個人間融資
愛媛個人間融資
福岡個人間融資
大分個人間融資
佐賀個人間融資
長崎個人間融資
熊本個人間融資
宮崎個人間融資
鹿児島個人間融資
沖縄個人間融資

全都道府県の方からのご融資のご案内のご投稿をいただいておりますので
ご近所の方からご融資を受けたいということであれば必ず見つかりますので
この機会に是非当サイトマロンツリーご利用お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る