個人間融資 マロンツリー ブログ 12/14のニュース

いつもご利用ありがとうございます。

個人融資掲示板マロンツリーです

銀行がお金を預からない! 口座開設を迷惑がられる理由
最近、銀行口座の開設を断られる企業や個人が増えてきている。

お金を預かることが仕事であるはずの銀行で、一体何が起こっているのか。この先、銀行はどうなっていくのだろうか。ニッポン放送「あさラジ」の高嶋ひでたけが、ジャーナリストの須田慎一郎氏に聞いた。

昔はお金を預けたら喜んでもらえたのに…
高嶋:
最近、客が銀行に口座の開設を断られることが増えているそうですが、これは本当ですか?

須田:
そうなんです。企業も個人も、断られるケースが出てきています。私も不思議に思いました。銀行というのは「お金を預かる」ことが仕事じゃないですか。

高嶋:
そうですよね。

須田:
昔はお金を預けたらむしろ喜んでもらえた。どうして最近は迷惑がられるのか不思議に思い、調べました。

1つだけ難しいキーワードをご紹介します。
銀行の経営を見ていく中で、「集めた預金の何%のお金を貸しているのか?」というのを「預貸率(よたいりつ)」と呼びます。

銀行は、お金を預かって貸すのが仕事ですから、普通は100%貸すべきもの、と思っていました。

しかし、驚いたことに、2017年10月の最新データでは大手銀行、メガバンクでの預貸率は51.2%なんです。

高嶋:
半分しか貸していない?

須田:
そうです。

これは1年前だと60.1%ですから、約9%減っています。これに対して地方銀行は、直近の数字では73.9%でした。これでも頑張っている方だと思います。

高嶋:
地銀は都市銀行よりは高いのですね。

須田:
なぜ、こんなことになっているのか調べてみると、これは預金を預ける側、つまり個人や企業がそうですが、企業はいま史上空前の好業績を上げています。内部留保など、ものすごくたくさんあると言われています。

ところが、マイナス金利で運用先がない。それで「仕方がなく銀行に預金として積んでおく」という状況になる。個人も似たような状況で、銀行にどんどんお金が集まっている。しかし、マイナス金利なので、銀行も、そんなに預金を持ってこられても、貸し出しに回そうと思っても…。

高嶋:
ありがた迷惑ということですね。

須田:
その通りです。さらに驚くことに、企業が持ってきた預金を、「全部は預かれない」と言って断るケースが増えているそうです。

個人に対してはまだ断っていませんけどね。そうした意味で言うと、このマイナス金利の影響というのは、各方面に及んできていると考えられます。

預金も手数料が取られるかも?
高嶋:
昔の話ですが、「銀行はそのうち、“お金を預かってくれる”ことに関して、手数料を取ることになる」と言っていた人がいました。

須田:
その通りです。近々そういう状況になっていくのでは、と。どうしても預けたいのなら、金利は微々たるものだけど、その一方で「手数料取りますよ」と。

高嶋:
銀行に預かって貰った方が安全ですからね。

須田:
「火事や泥棒のリスクがある家のタンスに入れておくよりも安全。だから手数料を払ってね」という時代が、もうすぐやってくるということです。

高嶋:
その話は本当になっていく?

須田:
この数字を見たら、明らかじゃないかな、と思います。

高嶋:
ということは、銀行預金で利ざや、というか利息を稼ぐなど、僕らにとっては定期などでいろいろと常識でした。そんなことももう無い、ということですか?

須田:
そうですね。そろそろボーナスシーズンです。なので、これから真剣に考えた方がいいと思います。

高嶋:
世の中は変われば変わるものです。

当サイトは全国対応の個人間融資掲示板です

北海道個人間融資
青森個人間融資
秋田個人間融資
岩手個人間融資
山形個人間融資
宮城個人間融資
新潟個人間融資
福島個人間融資
石川個人間融資
富山個人間融資
長野個人間融資
群馬個人間融資
栃木個人間融資
茨城個人間融資
千葉個人間融資
神奈川個人間融資
東京個人間融資
埼玉個人間融資
山梨個人間融資
静岡個人間融資
岐阜個人間融資
福井個人間融資
愛知個人間融資
滋賀個人間融資
京都個人間融資
三重個人間融資
奈良個人間融資
和歌山個人間融資
大阪個人間融資
兵庫個人間融資
鳥取個人間融資
岡山個人間融資
島根個人間融資
広島個人間融資
山口個人間融資
香川個人間融資
徳島個人間融資
高知個人間融資
愛媛個人間融資
福岡個人間融資
大分個人間融資
佐賀個人間融資
長崎個人間融資
熊本個人間融資
宮崎個人間融資
鹿児島個人間融資
沖縄個人間融資

全都道府県の方からのご融資のご案内のご投稿をいただいておりますので
ご近所の方からご融資を受けたいということであれば必ず見つかりますので
この機会に是非当サイトマロンツリーご利用お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る