個人間融資 マロンツリー ブログ 1/17のニュース

いつもご利用ありがとうございます。

個人融資掲示板マロンツリーです

元阪神・ランディ・バースはなぜ野球殿堂入りできないのか?
2018年の野球殿堂入りは松井秀喜氏、金本知憲氏、原辰徳氏、そしてアマチュア野球界からは故・瀧正男氏の4人に決まった。殿堂は、野球記者と過去の殿堂入りメンバーの投票によって決められ、有効投票数の75%以上が必要というルールが設けられている。

 これは1939年に始まった米殿堂の選考方法に倣ったもので、金本氏は75%の当選基準をわずか2票上回っての当選となったが、元中日の立浪和義氏は、242票(65.8%)、日米で異色のストッパーとして活躍した高津臣吾氏も169票(45.9%)で落選した。

 監督、コーチ引退後、6か月以上、現役引退後21年以上を経過した人を対象とするエキスパート表彰では、プレーヤー部門では15年が経過して資格をなくしていた原氏が候補復活2年目に選ばれた。こちらも75%が必要で次点は80票(65・6%)の権藤博氏だった。殿堂入りにふさわしく記録も記憶も残した名選手が、来年度以降の候補として控えているが、オールドファンにとって気になるのは、今回、エキスパート表彰で3位につけた元阪神のランディ・バース氏の動向だろう。

 バース氏はプレーヤー表彰の資格を2004年を最後に失ったが、2013年からエキスパート表彰の候補として復活。ここまで2013年は10票、2014年は36票、2015年は43票、2016年は40票、2017年も40票だったが、今年度は57票(46.7%)で初めて40%の壁を越えて大きく票を伸ばした。

 殿堂入りまで“あと一歩”のところまで来ているが、この国の野球殿堂は、どうも外国人選手に冷たいらしい。それを「偏見」とまで言いたくないが、過去に殿堂入りした外国人選手は1960年の元巨人のヴィクトル・スタルヒン氏、1994年の元中日などで活躍した与那嶺要氏の二人しかない。スタルヒン氏はロシアから亡命、無国籍で小学校から日本の学校に通っていたし、“ウォーリー”の愛称で親しまれた与那嶺氏は日系2世だから事実上“助っ人”と呼ばれた外国人選手は、まだ誰一人として殿堂入りを果たせていないのである。

 来日できなかった松井氏の代理で通知式に出席した父の昌雄さんが「メッセージにもありましたが、日本で半分の10年しかプレーしていない僕が選ばれていいのか、と恐縮していました」と、語っていたが、その逆のパターンの外国人選手には、なぜか光が当たらない。

 1959年に創設された日本の野球殿堂とは「日本の野球の発展に大きな貢献をした方々の功績を永久に讃え、顕彰するためのもの」とされている。顕彰とは難しい言葉だが、辞書を引くと、「隠れた功績・善行などを称えて広く世間に知らせること」とある。

 だが、これらはあくまでも概念であり殿堂入りにハッキリとしたガイドラインはない。プレーヤー表彰は、“暗黙のガイドライン”として、野手ならば2000本安打、500本塁打が目安とされているが、2008年に制定されたエキスパート部門は、過去に殿堂入りから漏れた功労者の掘り起こしと、監督、コーチとしてプロ野球の発展に大きな貢献をした人を対象としているため、さらにどちらに重きを置くかが曖昧になっている。

ここ10年の殿堂入りの野手は、プレーヤー表彰が7人(若松勉氏、落合博満氏、秋山幸二氏、古田敦也氏、伊東勤氏、松井氏、金本氏)でエキスパート表彰が4人(故・青田昇氏、故・江藤慎一氏、故・榎本喜八氏、原氏)。そのうち青田氏、伊東氏、原氏は、2000本安打、500本塁打をクリアしていない。だが、青田氏は、本塁打王5回、首位打者1回、打点王2回と時代を席巻した打者で、引退後は名コーチとして後進を育てた。伊東氏も、走攻守の揃った新世代の捕手として歴代3位となる2379試合に出場している傑出した才能に加え、西武、ロッテで監督を務め、西武時代にはリーグ制覇、日本一監督となった。原氏は、打点王1回だけのスラッガーで本人曰く「数字も残していないし、たいした打者ではなかった」。だが、巨人の監督として12年間で7度優勝、日本一3度、WBC監督として世界一になった功績が加味されて当選した。
 
 ではバース氏の実績はどうか。

 阪神でのプレーは6年間。通算743安打、202本塁打、486打点だが、1985年、1986年と2年連続で3冠王を獲得して1986年の打率.389は、今なお破られないシーズン日本最高打率である。あのイチローでさえオリックス時代に打率.387でバースの記録に届かなかった。
 しかも、1985年に日本一となった阪神のクリーンナップを任され、巨人戦でのバース、掛布雅之、岡田彰布の甲子園バックスクリーン3連発は球史に刻まれるインパクトを残した。
 
 それでも、この10年間で殿堂入りした11人の野手の実績と比べると通算記録では大きく見劣りする。しかもバースには引退後の指導者としての功績がまったくない。
 
 バース氏はプレーヤー表彰の資格が失効する最終年には202票を獲得しながらも75%以上を確保できずに選ばれなかったが、当時は、阪神退団時のいざこざや、それに伴う阪神球団代表の自殺の事件などのマイナス要素が足を引っ張り、関西の記者票が伸びなかった。同時に「外国人よりも日本人を優先」。或いは「年功序列の順番待ち」という“忖度”が働いていたのかもしれない。またエキスパート表彰候補となってからは、現役時代の行動に疑問符を投げかける声もあったという。

 特にエキスパート部門の投票は、すでに殿堂入りしている約30人と競技者表彰委員会の幹事、野球報道年数30年以上の経験を持つ記者約70人によって行われるため、投票者の顔ぶれの“新陳代謝”が進まず“保守的に票が固定化する”という傾向にある。それを避けるため5人の連名方式が採用され、平均して4人以上の連名投票が守られているというのだが、今のところ価値観の多様性は見られないのだ。

 王貞治氏の記録に並ぶ7試合連続本塁打を放ち、阪神ファンの間では「神様、仏様、バース様」と呼ばれるほどの絶大な人気を誇った外国人選手が日本野球界に残した功績の大きさに疑いの余地はない。同じような活躍を日本人選手がしていれば、もっと票は伸びていただろう。

先日、テレビ朝日が1万人にアンケートを行い「プロ野球総選挙」という番組を放映したが、その中でもバース氏は8位にランクインしていた。同番組はテレビ朝日系の番組でキャスターを務めていた元日ハムの稲葉篤紀氏がなぜか12位にランクインするなど“突っ込みどころ満載”の内容ではあったが、外国人としてバース氏と元巨人のウォーレン・クロマティ氏の2人がランクインしていたのは、“日本野球への貢献度指数”としては、ひとつの目安になるものだったのかもしれない。

 今回のバース氏の票の伸びは、阪神時代の功績が再評価なされたものだとも考えられるが、日米の扉が開かれ“二刀流”の大谷翔平がメジャー挑戦する時代である。そろそろ通算記録重点主義に囚われることなく、殿堂入りに関する“鎖国”も解かれていいのではないか。過去に記録という点では見劣りする広島の故・津田恒美氏が選ばれた例もあるのだ。
  
 バース氏以外にも野球史に名を刻み殿堂入りしても不思議ではない外国人選手はいる。

 11年間ロッテでプレーしたリー兄弟の兄、レロン・リー氏は、首位打者、本塁打、打点のタイトルをそうなめにした。4000打席以上の生涯通算打率・320は、歴代堂々のトップ。ちなみに2位の打率.31918の若松氏、3位の打率.31915の張本勲氏は、いずれも殿堂入りしている。打率.317で歴代4位につけているのが、元オリックス(阪急)、ダイエーで松井氏と同じく10年間プレーしたブーマー・ウェルズ氏だ。

 ブーマ氏も首位打者2回、打点王4回、最多安打4回で1984年には打率.355、37本、130打点で3冠王を獲得している。ブーマもバースと共に2013年からエキスパート表彰候補として復活したが、2015年に7票しか獲得できずに候補から外れた。日本には、全米殿堂のような得票率5%に満たない場合は、翌年から資格を失う、というような明確なルールはないが、得票率の低い候補者は、殿堂の競技者表彰委員会による候補者選びの段階で落とされる傾向にある。 

 元巨人のクロマティ氏も1989年に打率.378で首位打者となり巨人の優勝に貢献した“歴代最強G助っ人”。 現在、横浜DeNA監督のアレックス・ラミレス氏は、外国人として初めて名球会入りを果たす通算2017本を記録。監督としてもチームを2年連続クライマックスシリーズへ導くなど実績を残しているため殿堂入りの資格を得る2020年度には、事実上、初の外国人殿堂入りとなる可能性が極めて高い。
 だが、ラミレス氏が“堅い扉”を開けるのを待つ前に日本のプロ野球を支えてきた“最強助っ人たち”に光を与えてもらいたいものである。

当サイトは全国対応の個人間融資掲示板です

北海道個人間融資
青森個人間融資
秋田個人間融資
岩手個人間融資
山形個人間融資
宮城個人間融資
新潟個人間融資
福島個人間融資
石川個人間融資
富山個人間融資
長野個人間融資
群馬個人間融資
栃木個人間融資
茨城個人間融資
千葉個人間融資
神奈川個人間融資
東京個人間融資
埼玉個人間融資
山梨個人間融資
静岡個人間融資
岐阜個人間融資
福井個人間融資
愛知個人間融資
滋賀個人間融資
京都個人間融資
三重個人間融資
奈良個人間融資
和歌山個人間融資
大阪個人間融資
兵庫個人間融資
鳥取個人間融資
岡山個人間融資
島根個人間融資
広島個人間融資
山口個人間融資
香川個人間融資
徳島個人間融資
高知個人間融資
愛媛個人間融資
福岡個人間融資
大分個人間融資
佐賀個人間融資
長崎個人間融資
熊本個人間融資
宮崎個人間融資
鹿児島個人間融資
沖縄個人間融資

全都道府県の方からのご融資のご案内のご投稿をいただいておりますので
ご近所の方からご融資を受けたいということであれば必ず見つかりますので
この機会に是非当サイトマロンツリーご利用お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る