便秘予防に!こんにゃく、オクラ、豚肉の味噌炒めの献立をお届けします。(2)

便秘予防に!こんにゃく、オクラ、豚肉の味噌炒めの献立をお届けします。
体にもよく、日ごろの生活を食から見直したい方には必見です!!

以下、続き!!

レシピを紹介します。
「こんにゃくとオクラと豚肉の味噌炒め定食」

山本 ゆり 料理写真1

食物繊維豊富な野菜と海藻類、発酵食品たっぷりの献立です。

『こんにゃくとオクラと豚肉の味噌炒め』

山本 ゆり 料理写真2

材料(2人分)
こんにゃく…1/2丁(約150g)
豚バラ肉…120g
オクラ…10本
にんにく…1片
しめじ…1パック
Aみそ、みりん…各大さじ1
Aしょうゆ…小さじ2
A砂糖…小さじ1
サラダ油、塩、こしょう…各少々

(1)こんにゃくは太めの短冊切りにし、熱湯でゆでてアク抜きする。豚肉は4cm長さに切る。オクラはガクをむいて塩(分量外)をすりこんでまな板の上で転がし(板ずり)、斜め半分に切り、にんにくはみじん切りに、しめじは石突きをとる。
(2)フライパンに油少々とにんにくを入れて熱し、豚肉を炒め、色が変わったらこんにゃく、しめじ、オクラを加えて炒める。オクラに火が通ったら合わせたAを加えて絡め、塩、こしょうで味を調える。

『アボカドキムチ』

山本 ゆり 料理写真3

材料(2人分)
アボカド…1個
白菜キムチ、マヨネーズ…各適量

(1)アボカドは半分に切って種と皮をとり、薄切りにする。
(2)もとの形に戻して器に盛り、キムチをのせ、マヨネーズを絞る。

『わかめとニラの卵スープ』

山本 ゆり 料理写真4

材料(2人分)
にんじん…1/3本
ニラ…1/4束
卵…1個(倍量作る場合も1個でいいです。多いので)
だし汁…400ml
A塩…ひとつまみ
Aしょうゆ…大さじ1/2
Aみりん…大さじ1
乾燥わかめ…大さじ1

(1)にんじんは短冊切りに、ニラはざく切りにする。卵は溶いておく。鍋ににんじんとだし汁を入れて中火にかけ、火が通ったらAとニラ、わかめを加えて2分ほど煮る。
(2)溶き卵を少しずつまわしいれて大きく混ぜ、火を止める。塩(分量外)で味を調える。

おまけ
 『さつまいもヨーグルトゼリー』

山本 ゆり 料理写真5

さつまいもは食べ過ぎるとお腹が張ることがあるので、既に便秘が進行している場合はヨーグルト部分だけを作るのがおススメ。そうでない場合もたっぷりの水分とともに食べてください。

材料(4個分)
さつまいも…150g
Aバター…10g
A砂糖、牛乳…各大さじ2(さつまいもの甘さ、水分に応じて調整)
粉ゼラチン…5g
プレーンヨーグルト…250g
砂糖…40g
レモン汁(市販のものが便利)…大さじ1
牛乳…100ml

(1)さつまいもは皮をむいて1cm厚さの輪切りまたは半月切りにし、鍋にいれる。かぶるぐらいの水を注ぎ、中火でやわらかくなるまでゆでる。水気を捨ててAを混ぜる。
(2)粉ゼラチンは、水大さじ3(分量外)にふりいれてふやかしておき、電子レンジ(600W)に30秒かけて溶かす。
(3)ボウルにヨーグルトと砂糖、レモン汁を加えて混ぜる。
(4)小鍋に牛乳を入れて弱火にかけ、沸騰直前で火を止める。これに(2)で溶かしたゼラチンを加えて混ぜてから、(3)にダマにならないようほんの少しずつ加え、その都度ゴムべらでよく混ぜる。
(5)型に流して冷蔵庫で2時間以上冷やし固め、(1)をのせる。

この献立は食物繊維が多いため、現在酷い便秘の状態で食べるとお腹が張ったり、より悪化する可能性があります。一度水分の多い食事やサプリメントなどですっきり出しきったあと、予防の食事の一例として使って頂けたらと思います。

最後に。
 まだなんかあるんかい、と言われそうですが、便秘の厄介なところは、食事改善をしたりサプリメントやマッサージなどで刺激を与えても「慣れ」が存在するところと、「どうせ出ないだろう」または「出なかったらどうしよう」など精神的な問題が関係するところです。

個人的には、定期的に新しい便秘解消法にコロコロ変えるのが効果的だと思っています。起きぬけに飲むヨーグルトとパイナップルジュースを混ぜて飲む。効果があった場合、1週間ほどでマッサージに切り替える。マッサージがきかなくなってきたらサプリメント、きかなくなったらオリーブ油、合間にツボ押し…みたいに。そして、出なくてもできるだけ気にしない。究極、病院にいけば出すことはできる!と開き直る。そして一番は排便習慣。毎日同じ時間にトイレにいって、出なくても一定時間は座って集中。コロコロ便秘解消法を変え、ちょっと早めに起きてたっぷり水分をとり、リラックスしてトイレに座り、出なくても気にしない。これが個人的に重要な解決法だと思っています。

あまりにも今までのコラムと比べて熱が入っていてすみません(笑)。少しでも多くの方の便秘が改善されますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る