個人融資 英語のネーティブがイラっとくる6つの英語(2)

今回の記事は、個人融資 「英語のネーティブがイラっとくる6つの英語(2)」です。
以下は第二回の記事です。

失言・誤解を招く、ありがち直訳英語6フレーズ

▼会議、ミーティングで相手を怒らせる

1.「あなたはどう思いますか?」
NG:How do you think?(自分で考えればわかるでしょう?)
OK:What do you think?

【解説】Whatではなく「How」を用いることで「どう考えているの?→そんなこと自分で考えればわかるでしょう?」という嫌みなニュアンスに。

2.「ご意見ありがとうございます」
NG:Thank you for criticizing my proposal.(私の提案を批判してくれてありがとう。)
OK:Thank you for evaluating my proposal.

【解説】プレゼンの場で、質問などを終えた後の締めくくりの一言。「批判してくれてありがとう」という皮肉な意味に。日本語の「批評」は肯定的・否定的、両方の意味がありますが、英語のcriticizeにプラスのイメージはない。

▼取引先への不信感、イライラを表現

3.「3時に待ち合わせでお願いできますか?」(アメリカ人に対して)
NG:Could you please arrive at 3 pm?(3時の待ち合わせには遅れないでくださいね?)
OK:Could you arrive at 3 pm?

【解説】「please」を付けて丁寧な意味合いを持たせたつもりが、アメリカ人からは「いつも遅刻してるけど、今回は絶対に遅れないように」という念押しの意味にとられてしまう。

4.「16時にお待ちしています」
NG:I expect you to come at 4 pm.(16時に来るんだよ、わかった?)
OK:I’ll be expecting you at 4 pm.

【解説】I expect you to……はイライラして「(きみに)……してもらいたいんだ」と要求するようなときに使う表現。I expect you to just do your job without complaining.なら「文句を言わないで仕事だけやってほしい」という意味に。

▼電話口の相手を不審者扱い

5.「どちらさまですか?」
NG:Who are you?(お前は誰だ!)
OK:May I ask who’s calling?

【解説】中学で習う例文ですが、「自宅に侵入した不審者に対して」言うイメージ。電話口でいきなり言ったら、大変なことになる失礼発言。

▼過去を表す動名詞「~ing」と未来を表すto+動詞の原型の誤用

6.「荷物を送り忘れてた!」
NG:I forgot sending the package.(荷物を送ったことを忘れていました。)
OK:I forgot to send the package.

【解説】「sending the package」と「to send the package」のどちらも「荷物を送ること」ですが、ing形の動名詞だと過去を意味するため、ここでは未来的な意味を表す「to send」を用いるのが正解。

以上で「英語のネーティブがイラっとくる6つの英語」を終了します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る