個人間融資 コンサルタント 個人でも会社でも 大切なのは手順と数字(2)

今回の記事は「個人間融資 コンサルタント 個人でも会社でも 大切なのは手順と数字」です。

仕事が半人前の時は、
手順を覚えることに集中する。

部下ができたら、手順を教えて徹底することが大切。

そして、誰もやったことのない新しい仕事を任されたら、手順を作るのだと思ってやるのがいい。

なぜなら、手順を教え、他の人にやってもらえるようにする、と思って事にあたれば、仕事にごまかしがなくなり、部下に仕事を命じる力量がつくからだ。

「もう1つ大切なんは数字や。個人でも経営でも、大切なんは数字。数字で表現したら“アマイ”“アイマイ”というのは一気になくなる。パラシュートの畳み方で言えば『ここを何センチ折りなさい』とかな。君の場合は、とりあえずお客さんを数字で把握することを、まずやってみたらええと思う」

「はい」

「例えばな、マクドナルドは、徹底的に数字で考えるシステムを持ってるんや」

立三さんによると、マックシェイクの温度は何度、フライドポテトを揚げる油の温度は何度、室温は何度、待ち時間は何分以内、カウンターの高さは何センチ……コーヒーマシンの置き方から全て、数字で決まっているのだという。

「それで世界最大のファストフードチェーンになったんや。数字で把握する企業は強い。覚えておいたらいい」

「はい。手順と数字ですね」

次に続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る