個人間融資 火消トラブルの解決役!参謀の役割!(4)

今回の記事は「個人間融資 火消トラブルの解決役!参謀の役割!」です。

「効率を上げろ!」にも、無理がある

長時間労働を抑制するために、「生産効率を上げよう」と言われるが、正直のところ眉唾だ。「効率を上げる」というのは、「同じ作業を短時間で処理する」という意味だ。以前と同じ作業量を、短時間で処理するなど、そもそも無理な要求だ。作業の効率を上げることだけで、長時間労働を抑制できるとは考えにくい。

社長が具体的な指示や費用を出すことなく、「もっと効率化して」と言うのであれば、現場としてはしらけるだけだ。「給与は上がらないのに、効率を上げろと言われても……。社長の懐が温まるだけでしょ」ということになる。

「効率を上げろ」と命じることは何の解決にもならないが、優秀な社員への業務集中をすぐに解消できる方法がある。

次の記事に続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る