個人間融資 年齢を聞かれたときの賢い答え方(1)

今回は「個人間融資 年齢を聞かれたときの賢い答え方」です。

声のトーンを上げて、「だからなんですね!」

「私、何歳に見える?」。女性にそう聞かれた経験は誰にでもあるでしょう。ビジネスの場の雑談で尋ねられたことがある人もいるかもしれません。どう対処すべきでしょうか。

1つの方法が、「△△さん、綺麗ですよね」と、年齢には言及せず、ポジティブな答えで話を逸らしてしまうやり方。相手がただ褒めてほしい、と思っているのなら、この答えで十分です。ただ、相手が具体的な年齢を欲していたり、会話のきっかけにしたいと思っていたりする場合は、それだけでは話は終わりません。

一般論で言えば、質問をした人は「若く見られたい」。だから見た目から考えた「相場」より10歳下を返答するのが1つの答えです。理想の答えは、実年齢マイナス5歳だと思います。しかし、相場より5歳下と考えて答えると、実年齢を超えてしまう恐れがあります。なので、あなたが50歳くらいと思ったら、「40歳くらいですか?」と答えるのが、あくまで一般論としての正解です。

いくら若く見積もって返事をしたところで、「適当に年齢を言っているだけ」と思われて、相手の本当の期待に応えられないこともあります。ですので、続けて「理由」を言うことが大切です。例えば「○歳に見えますよ。肌がすごくお綺麗なので」と返してみる。相手が美容法に凝っていたり、ジムやヨガなど健康に気を使っていたりすると、喜んで返してくれるかもしれません。そのときに、声のトーンを1つ上げて、「だからなんですね!」と相づちを打つ。そうすることで、相手の期待に応え、欲を満たしてあげるのです。

次の記事に続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る