個人間融資 年齢を聞かれたときの賢い答え方(3)

今回は「個人間融資 年齢を聞かれたときの賢い答え方」です。

相手が褒めてほしいポイントはどこか

なかには、童顔だったり、年相応の風格が足りないと思っていたり、実年齢より上に言ってほしいと思っている人もいるでしょう。その場合も、期待に応えることが第一なのに変わりはありません。相手がどう言ってほしいかを考え、年を上に答えて「存在感がありますから」と理由を言うなど、褒めてほしいポイントを見つけ、期待に応えるのです。

心理学者のアルフレッド・アドラーは「相手の関心に関心を持つ」ことが重要だと語っています。「何歳に見える?」という質問にも、その気持ちが大切なのです。

今回の記事はこれで終了となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る