個人間融資 片手間で始める副業の極意(4)

今回の記事は「個人間融資 片手間で始める副業の極意」です。

片手間副業はここが肝心

いざ副業を始めようとすると気になるのが、「会社に申請するか、それとも秘密にしておくか」ということだ。

「まずは就業規則をよく読みましょう。副業禁止を謳っていても、『許可なくしての副業はダメだが、申請すればOK』という書き方になっている会社もあります。副業OKの会社の場合も、ほとんどが申請を求められます」(戸田氏)

基本的に申請は必要であるが、戸田氏は、「それ以上に職場の空気を考慮したほうがいい」と注意をうながす。というのは副業OKの会社でも、上司が「副業する余裕があるなら、本業をちゃんとやれ」というタイプの場合や、職場に「1人だけ儲けやがって」と嫉妬する雰囲気があったりする場合、仕事に専念しにくくなるからだ。わざわざ副業していることを公言しないほうが賢明である。

「逆に副業禁止の会社であっても、上司が『会社には黙っておいてやるよ』というものわかりのいいタイプなら、甘えてもいいでしょう。とはいえ、本業の会社にはお世話になっているもの。副業を優先するあまり、手を抜く、サボるなどの裏切り行為をしないことが大前提です」(戸田氏)

以上の点を頭に入れたうえで、戸田氏が選んだ副業から、自分にあうものを探してみよう。

次の記事に続く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る