米、陸上イージス2基の売却承認=日本に総額2350億円

【ワシントン時事】米国務省は29日、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」2基の日本への売却を承認し、議会に通知した。

 売却総額は約21億5000万ドル(約2350億円)。

 国務省によると、売却されるのはイージス武器システム(AWS)2基とその関連システムなど。日本政府はイージス・アショアに搭載されるレーダーについては、米ロッキード・マーチン社の最新鋭レーダー「LMSSR」を同社から直接購入する方針で、国務省が示した総額には含まれていない。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る