これが「貯金体質」になるために必要なこと

まずおカネについて、考えていることをお伝えします。私が好きな文学者の一人は幸田露伴ですが、その娘で、父の逝去後作家となった幸田文がいます。彼女によると、父の露伴は生前「素人は、なぜ玄人と正反対のことばかりするのか。右に手があると思うときは実は左にあるんだ。行き止まりの道だと思っても、そこがほんとに開ける道かもしれないのだ」とよく語っていたそうです。
文学はともかく、おカネには、素人も玄人もなさそうです。しかし、玄人の眼からみると、実は今も、露伴の言葉は重要です。まずは、「おカネの法則」を読み、ぜひ皆さんにあてはめて考えてみてください。「自らが考える」ことから、すべては始まります。
ボーナスは、どこまで当てにできるか?
さて、突然ですが、冬のボーナスが出た方におたずねします。皆さん、冬のボーナス、何に使いましたか?
旅行やちょっと贅沢な食事に出かけるなど、「モノよりも思い出派」の人もいれば、洋服や家電、家具の購入など「物欲派」の人もいるでしょう。あるいは、貯蓄や投資に励む堅実派の人もいると思います。
たまたま「2014年冬のボーナスに関するアンケート調査」というデータを見つけたので、どんな使い道をしているのかを見てみましょう。ちなみにこのアンケートは、マネーフォワードが調査したものです。
まず、いくら支給されたのかということから。
全体の平均支給額が81万1000円。性別に見ると、男性平均が90万2000円で、女性平均が53万6000円です。
年齢別の平均値は、次のようになります。

20代前半・・・・・・40万6000円
 20代後半・・・・・・54万9000円(35.2%)
 30代前半・・・・・・70万4000円(28.2%)
 30代後半・・・・・・85万4000円(21.3%)
 40代前半・・・・・・88万円(3.0%)
 40代後半・・・・・・104万1000円(18.3%)
 50代前半・・・・・・104万7000円(0.6%)
 50代後半・・・・・・109万6000円(4.7%)
 60歳以上・・・・・・59万1000円(▲46.1%)

カッコの中のパーセンテージは伸び率です。年齢が上がるに連れて、支給額は増えますが、伸び率は徐々に低下しているのがわかります。
おそらくこれからの時代は、ボーナス支給額が伸びにくくなると共に、平均値での比較は参考にならなくなるかも。なぜなら、ボーナスは社員各人の業績に対する貢献度で払われる傾向が強くなるからです。ボーナスの格差はどんどん広がっていくでしょう。
「定期預金」は、立派な行動とは言えない
それはともかく・・・・・・。
そんなボーナスを、支給された人たちはどう使ったのでしょうか。マネーフォワードの調査によると、一番多かった回答が「貯金」です。そして「日々の生活費」、「ローンの返済」と続きます。うわ~、現実的。
でもね、この使い道って、決して堅実ではないのです。
まず「貯金」。ボーナスを無駄遣いせず預金に預けるなんて、何という立派な心がけ、な~んてほめたりはしませんよ。そもそも今の金利情勢では利息が付かないので、預けておいても貸金庫みたいなものです。いくら満期までの期間が長い定期預金を組んだとしても、これでは資産運用にはなりません。
ましてや定期預金を組んでいると、定期預金を担保にした「当座貸越」という融資を受けられるのですが、これが意外と落とし穴。普通預金残高がマイナスになると、自動的に当座貸越されるのですが、何しろ融資利率が高い。定期預金の利率が年0.025%程度なのに、当座貸越の融資利率は、担保になった定期預金利率に、何と0.5%も上乗せしたものが適用されます。
クレジットカードを積極的に使っている人の中には、普通預金口座がマイナスになっても平気という人が、結構います。よ~く考えてみてください。これ、すごい無駄ですよ。だって、定期預金に預けても年0.025%の利息しか得られないのに、それを担保にした融資を受けるだけで、支払う利息はそれに0.5%も上乗せされてしまうのですから。
このように、普段から普通預金残高をマイナスのままで放置している人は、月々のお給料以上の生活をしていらっしゃるのではないかしら?と思います。
アンケート調査でも、ボーナスを「日々の生活費」に充てている人が大勢いますが、そういう人は、マイナスになった普通預金残高を、ボーナスで穴埋めしているとも考えられます。これって、将来受け取る収入を先食いしているだけですから、おカネがたまらないのは当たり前です。

ボーナスはご褒美、そのおカネでコツコツ投資を
「ローンの返済」については、住宅ローンのように、家という資産を持つために組んでいるのであれば、確かに資産形成をしていると考えられますが、この時代、リストラや倒産によって、いつ収入の道が断たれるか、わかったものではありませんから、ボーナス支払いに大きく依存したローンの組み方は、避けた方が無難です。
いずれにしても、「ボーナスの使い道ベスト3」が「貯金」、「日々の生活費」、「ローン返済」というのは、現実的ではありますが、実はまったく堅実ではないと言えるのです。
ボーナスは、あくまでもご褒美と考えるようにしてみて下さい。で、そのご褒美で何をするか。
資産を築こうと思ったら、やはり「投資」を無視するわけにはいかないでしょう。NISAのように、投資によって得られる収益に対する税金を非課税にした制度もすでにスタートしています。
日々の生活費は、あくまでも月々のお給料の範囲内に止めておく。そして、年2回のボーナスはご褒美と思って、コツコツと投資に回していく。そういうお金の流れを作ることによって、長い目で見ればちょっとした資産を築くことが可能になるはずです。

個人間融資掲示板マロンツリー管理人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る