中3女子を大麻所持疑いで逮捕 合成麻薬所持でも追送検「ネットで購入した」

自宅で大麻を所持したとして、京都府警少年課と伏見署が大麻取締法違反(所持)の疑いで、京都市内の中学3年の女子生徒(15)を逮捕していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。生徒は「インターネットを通じて大麻を購入した」との趣旨の供述をしているといい、府警が入手経路の特定を進めている。

尿検査で陽性反応
また、府警は25日、女子生徒が合成麻薬MDMAも所持していたとして、麻薬取締法違反の疑いで追送検した。
捜査関係者によると、女子生徒は3月上旬、市内の自宅で突然、暴れ出すなどしたことから、家族が119番し、救急搬送された。その後の尿検査で大麻の陽性反応があり、室内から乾燥大麻が見つかったことから、今月7日に逮捕した。
女子生徒は「ネットで見知らぬ人から買った。今年1月ごろに吸い始めた」などと供述しているという。
若年層の大麻所持を巡っては、京都市内の中学3年の男子生徒=当時(15)=が昨年10月、大麻取締法違反(所持)の疑いで府警に逮捕されている。

若い頃は悪いことに憧れを持つことはなくはない話でそれはどんなに真面目そうな子でも巻き込まれる可能性はゼロではありません。
今に始まったことではないが、中3の女の子が簡単にネットで買える日本であることを考えると逆に見つかってよかったと考えたほうがいいと思います。
この子自身をボロカスに叩くのは簡単だが、叩かずに守り更生させる方向に持っていく社会の方がよっぽど良い社会になると思います。

個人間融資掲示板マロンツリー管理人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る