CO2濃度が過去最高に 気象庁、増加傾向止まらず

気象庁は27日、2018年に国内の地上観測点や北西太平洋上で大気中の二酸化炭素(CO2)濃度を測定した結果、いずれも過去最高を更新したと発表した。CO2は地球温暖化の原因とされ、増加傾向が続いている。

気象庁によると、地上観測点は岩手県大船渡市、小笠原諸島の南鳥島(東京)、沖縄・与那国島。18年の年平均値は409.4~412.0ppmで、前年より1.7~2.7ppm増えた。

過去の記録では、洋上は1984年冬季に東経137度線で344.9ppmで、大船渡市で測定を始めた87年は351.4ppmだった。濃度は各地点で年々増加している。

私見としては結局のところ、問題が大きすぎて何をしたら良いのか、自分達だけ何かしても損するだけでは、みたいな感情があると思います。
日本でのCO2排出量は世界の中で何%なのか。
またその内訳はなんなのか?
内訳の中で各個人に関係することが何なのか。
その個人がどれだけのことをしたら何%減るのか。
教育の中で、これがどれだけ浸透しているのか?
わからないから、あやふやだから、温暖化は駄目だって言ってるけど具体的に何もしていない人が増えるのではないか?
被害の大きさを知り温暖化をとめたい気持ちを高くすることも必要だが、具体的にやれること、それによる具体的な数字がどうなるのか示すことが重要なことだと思います。

個人間融資掲示板マロンツリー管理人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る