米、イラン攻撃一時許可か トランプ氏 無人機撃墜巡り

トランプ米大統領は20日、米軍の無人偵察機がイランに撃墜されたことについて「米国は(攻撃を)容認しない」と強調した。ホワイトハウスで記者団に語った。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)はトランプ氏がイランの軍事施設への攻撃をいったん許可したが、その後、20日夜になって撤回したと報道。トランプ氏は「意図的に攻撃したとは信じがたい」とも述べており、事態が緊迫する中、対応策を慎重に検討しているようだ。

 米中央空軍のグアステラ司令官は20日、国防総省で専用回線を通じて記者団に状況を説明。撃墜されたのは、海軍のRQ4「グローバルホーク」で、ホルムズ海峡上空の国際空域を監視活動中に、イランからの地対空ミサイルにより撃墜された。最も近いイランの海岸から34キロ離れており、グアステラ氏は「任務遂行中のいずれの時点においてもイランの領空は侵犯していない」と強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る