参院選公示 21日投開票へ 各党が支持訴え

第25回参議院選挙が4日に公示され、21日の投開票に向けた選挙戦が始まった。

各党は、4日午前から続々と街頭に立ち、早速支持を訴えた。

自民党総裁・安倍首相「新たな働き手、支え手が増えたことによって、年金の保険料収入は減らずに逆に増えた。与党がしっかりと力を合わせて、政治の安定を確保していきたいと思う」

立憲民主党・枝野代表「これ以上、暮らしを壊されてはいけない。暮らしの安心を取り戻さなければならない。暮らしを守る、生活を防衛する、そのための夏の戦いに、皆さんしていこうではありませんか」

国民民主党・玉木代表「もう一度、政治は国民の暮らしのために、生活のためにあるんだと、そのことをもう一度、取り戻す選挙にしていきたい」

公明党・山口代表「小さな声を聴く力のある公明党がいればこそ、政治に信頼と希望が生まれ、真の意味の政治の安定がつくれる」

共産党・志位委員長「この参院選挙、『安倍政治さよなら』の審判を下し、国民の誰もが希望を持ち、安心して暮らせる日本をつくる選挙にしていこうではないか」

日本維新の会・松井代表「われわれも100点満点ではありませんが、言ったことは守ってきた。ぜひ、まともな政治を、まともな国政において、まともな野党を皆さんと一緒に作りたい」

社民党・吉川幹事長「結党以来、憲法を守ることを党是としてきた社民党。国政政党として、これからも国会で働かせてください」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る