人口43万人減、過去最大 少子化進み10年連続

総務省が10日発表した住民基本台帳に基づく人口動態調査によると、今年1月1日時点の国内の日本人は1億2477万6364人で、前年から過去最大の43万3239人減少した。マイナスは10年連続。昨年1年間の出生数が最少だったのが大きく影響した。都道府県別で伸びたのは東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)と沖縄のみ。外国人は16万9543人増の266万7199人だった。

 人口が減る中、居住地が東京圏に偏る構図で、少子化対策と一極集中の是正が求められる。名古屋圏(岐阜、愛知、三重)と関西圏(京都、大阪、兵庫、奈良)の落ち込みが大きかった。

一次ソースは 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成31年1月1日現在) www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei02_02000193.html 

概要は

・日本人住民の人口は2009年をピークに10年連続減少
・2019年1月1日時点の人口の前年比は1968年以降最大の減少数
・外国人住民の人口は前年比+169543人、+6.79%
・自然増減数(出生者数-死亡者数)は日本人住民は-442564人、外国人住民は+9355人
・社会増減数(転入者数等-転出者数等)は日本人住民で+9325人、伸びは2年連続縮小
・総計に占める外国人住民の割合が最も大きいのは東京都で4.01%
・自然増加をしたのは沖縄県のみ

など。東京圏への集中は他の統計でも出ていましたが、他の人口密集地域の名古屋圏や関西圏でも落ち込んだのは驚きです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る