吉本興業の社長“謝罪”会見…処分撤回に

吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日、会見を行い、振り込め詐欺グループから現金を受け取っていた『雨上がり決死隊』の宮迫博之さん(49)と『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮さん(47)の処分の撤回を発表したうえで、5時間半にわたって記者の質問に答えた。会見冒頭、岡本社長は「彼らが自分らしく生きていける才能を発揮できる環境になかったこと、本当の意味で芸人・タレントファーストが実現できていなかったことを心からおわびを申し上げたい」と涙を見せながら謝罪した。最初、宮迫さんや田村さんは反社会的勢力から金銭を受け取っていないと説明していたが、その後、宮迫さんが100万円、田村さんが50万円を受け取っていたことが発覚した。2人が謝罪会見を申し出た場で、パワハラとも受け取られる発言をしたことについて、岡本社長は「それぞれがそれぞれの話をしていて、反社会的勢力からお金を取られた被害者の方への思いが感じられなかったので『もうええ加減にせえ。そんなに個人バラバラで言うんやったら勝手にせえ。会見するんやったら全員クビや』と言った。父親が息子に『お前、勘当や』みたいなつもりだった」と釈明した。岡本社長は自らの給料を1年間、50%カットし、再発防止策に取り組んでいくとした。

☆実のところ、吉本の初動は正しかったような気もします。静観するのは短期的にはキツいけど、中長期的に見た時に芸人を救える策だったのではないでしょうか。
吉本に6000人の芸人がいたのには驚きました。6000人なんてほとんど赤字芸人ではないでしょうか。こんなに抱えたら企業はもたないです。プロの世界は必ず契約解除があります。諾成契約を続けてたのも稼げない芸人を抱えてしまった原因です。
社長のパーソナリティも課題があるかもしれないけど、企業経営を考えたら、半分以上の赤字芸人はリストラすべきで、契約解除項目を普通に明記した契約交わすべきなんだろうと思います。
今回、岡本社長に批判が集中してるけど、芸人側がこんなにプロ意識がなく、会社が食わしてくれると考えていたことにも驚きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る