大韓航空 日本便を大幅見直し

 大韓航空は20日、日本と韓国を結ぶ路線を大幅に見直すと発表した。9月16日から釜山―関西、11月以降に済州―成田、済州―関西をそれぞれ運航休止とするほか、9月下旬から11月中旬まで仁川―小松、仁川―鹿児島を、9月下旬から10月下旬まで仁川―旭川をそれぞれ一時的に運航を取りやめるという。

 日韓関係の悪化に伴う訪日客のキャンセルが相次ぎ、収益性が低下したのが理由。日本の地方空港とを結ぶ他の路線でも減便を計画している。大韓航空は7月に札幌と釜山を結ぶ路線の運航停止を発表していたが、今回のような大幅な路線見直しは初めて。

☆今回の一連の運休や減便の傾向としては、

日本の地方都市~韓国全土
日本の都市圏(東京・大阪・名古屋)~韓国地方都市

の2つに分類される。レジャー路線でかつ、団体を中心としたグループ旅行での利用が多い路線において顕著に搭乗率が落ちていることから決断を急いだ可能性が高い。

東京~ソウルなどのビジネス需要が中心とした路線の減便は限定的となっている。地方路線の場合は、元々飛行機が小さいことから、これ以上機体を小型化することができない点もあり、運休になったケースもあるだろう。

運休や減便を決断することは、航空会社にとって出来れば避けたい状況であるが、それだけ利用者が落ち込んでいることに加えて、この状況が長期化するという判断をした可能性が高いと推測できる。   個人間融資掲示板マロンツリー管理人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る