米政府の韓国批判、強めに…「米軍へのリスク高まる」ツイート

 【ワシントン=横堀裕也】日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた韓国に対し、米政府が批判のトーンを強めている。米国務省のオータガス報道官は25日、ツイッターに「我々は深い失望と懸念を抱いている。この判断によって韓国の防衛はより複雑になり、米軍へのリスクも高まる」と投稿した。

 GSOMIAの破棄を受けて日本から韓国への情報伝達が滞れば、韓国の防衛に影響しかねず、在韓米軍へのリスクも高まることを指摘したものとみられる。

 米軍の負担も増える。例えば、在韓米軍が韓国軍と、在日米軍が自衛隊と共同で収集した情報をそれぞれ日韓に提供する場合、米軍が日韓に許可を取る必要が生じる。円滑な情報共有に支障を来し、ミサイル防衛システムにおける日米の緊密な連携の妨げにもなりかねない。

 トランプ米政権は、北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対応するだけでなく、中国やロシアをにらんだ東アジア全体の安全保障政策の中で、日米韓の迅速な連携を可能とするGSOMIAを重視してきた。そのため、破棄の決定後、ポンペオ米国務長官が「失望」を表明したほか、国防総省も「強い懸念と失望を抱いている」との声明を出している。

☆そろそろ米国も文政権の中北寄り政治姿勢を理解し安全保障に関しては厳しい対応を展開する時期に来ています。
トランプ政権も大統領選挙で再選されれば新たな展開になる可能性もありえます。   個人間融資掲示板マロンツリー管理人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る