U-18侍Jの「日の丸外し」に高校球界からも異論

 思わぬ波紋を呼び起こしている。日本高等学校野球連盟(高野連)は30日から韓国・機張で開幕する野球のU-18W杯に参加する高校日本代表・侍ジャパンが日の丸の入った従来のポロシャツを着用せず無地のものに変更することを決定。これに一部の政治家を含む有識者から次々と否定的なコメントが上がり、ネット上でも批判が渦巻いている。

 高野連側が示した理由は「日の丸が目立つ衣服とか、こういう状況なので韓国の皆さんの感情を考えて行動しないといけない」というもの。昨今の日韓情勢の悪化を受け、政治とスポーツは別問題という姿勢を強調しながらも選手たちの安全を考慮した上での対応策として〝自衛〟に走る形となった。

■ モチベーション低下を招く「日の丸外し」

 何かあってからでは遅い。そう考えた末の苦肉の策だったのかもしれない。とはいえ、この〝日の丸除外〟はさすがにいただけないと思う。確かに夏の甲子園期間中、U-18日本代表候補に選出されていたメンバーからは関係悪化の歯止めが利かない韓国でW杯が開催されることに大きな不安を覚えて「あまり行きたくないですね」とグチる声まで聞こえてきていた。

 しかしながら、その一方では彼らが「もし選ばれるのであれば、日の丸を背負う誇りをもって戦いたいです」「韓国で戦うのは正直不安なところもありますが、侍ジャパンの一員になれるのなら『これが日本の強さなんだ』というものを見せつけられるように頑張りたいと思います」などと一様に日本代表としてのプライドを失わない覚悟を固めていたのも事実だ。たとえグラウンド外で着用するポロシャツとはいえ、侍ジャパンの公式ウェアから日の丸を外すことはメンバーたちの代表としてのモチベーションを低下させてしまうような気がしてならない。

■ 韓国人の反日的言動に油を注ぐことにも

 今大会に参加するU-18日本代表にメンバーを送った強豪校の関係者からは「ポロシャツとはいえ公式の服装から、日の丸を外したことで逆に韓国側を余計に刺激する形になるのでは」と懸念する声も上がっている。

 「政治とスポーツは関係ないと言いながらも、日の丸がない無地のポロシャツの着用を義務付けるというのは明らかに矛盾しています。『日本側は韓国を過剰に意識しています』とわざわざアピールするようなもの。『自分たちは日本を代表して来ていない』というイメージも与えかねない行為であり、韓国を含めた他の参加国に対しても非常に無礼です。そこまでへりくだる必要が果たしてあるのでしょうか。日本を代表して大会に出場するのに、どうしてそこまで肩身の狭い思いをまだ高校生の彼らにさせなければいけないのかとも感じます。

 ましてや、今大会は勝負ごとです。お互いがスーパーラウンドに進出すれば、日本は韓国とも対戦することになりますが、これでは戦う前から相手に飲み込まれてしまっていると言われても仕方がないですよ。それに今の韓国国内に数多くいる反日思想の人たちに『日本の代表チームは韓国に怯え、戦う前からすっかり気力を失っている』と思われてしまえば、彼らの言動に油を注ぐことになり、かえってややこしいことにもなりかねないのではないでしょうか。日本は韓国に〝忖度〟していると思われても弁明はできないでしょう」

 今大会に臨むにあたり、高野連側は日韓関係の悪化を踏まえ、ギリギリまでU-18日本代表の不参加も視野に入れていたという。それでも結局はゴーサイン。ちなみに大会参加のためU-18日本代表が韓国・釜山入りした28日は、奇しくも日本政府が輸出管理で優遇措置を与える「ホワイト国(優遇対象国)」から韓国を除外する政令を施行した当日だった。韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた直後という最悪のタイミングでもあるだけに、大会参加にあたって神経を尖らせたくなる気持ちは分からないでもない。

 だが日本の代表メンバーにもかかわらず本来ならば誇りを持つべきはずの日の丸をあえて隠すことによって、負い目を感じながら参加する大会に意義があるとは到底思えない。前出の関係者が口にした「何も悪いことをしていないのだから、むしろ堂々と胸を張って日の丸をつけて韓国入りするべき。隠してしまった時点で日本の負けです」との主張のほうが、よっぽど正論だろう。日の丸付きのポロシャツの着用が「安全でない」と思われるのであれば、そのような国で開催される国際大会への参加は最初から取りやめるべきだったと考える。

■ ギリギリまで通達されなかったスケジュール

 いずれにせよ今大会で高野連および侍ジャパン側は「対韓国」に関し、あまりにもナーバスになり過ぎているきらいがある。たとえばスケジューリングだ。今大会を主催するWBSC(世界野球ソフトボール連盟)は開催地の韓国側に運営のハンドリングを一任しており、基本的には現地スタッフを通じて各国代表チームに練習の場所や日時、試合会場など細かな予定が通達される仕組みになっている。

 ところが今大会の予定は現地入り3日前の25日の時点でも詳細が韓国側から通達されず、釜山入りした翌日の30日以降のスケジュールはギリギリまで白紙のままとなっていたことから侍ジャパンの移動及び現地滞在のサポートを請け負う大手旅行会社側を困惑させる一幕があった。さすがに今は通達されたとはいえ、チームスタッフの間にも「韓国側の日本に対する嫌がらせではないのか」とする向きが広がっており、その不信感は今も残っているようだ。

 それだけではない。予選ラウンドを通過してからのスーパーラウンドで両国が勝ち残っていれば日本と韓国は互いに対戦するが、この日韓戦の実現を危険な〝シュートマッチ〟として警戒心を募らせる侍ジャパン関係者は少なくない。

 「あまりこのようなことを考えたくはないが、韓国戦で感情的になった相手投手から厳しい内角攻めにあったり、それが勢い余ってビーンボール・・・いや、デッドボールになったりすることにでもなれば・・・。日本の有望株たちがケガを負ってしまうなんてことにもなりかねない。韓国の代表チームもスポーツの世界に政治を持ち込むことはないと思っているので、そのような心配は杞憂だと信じたいです」との声も出ている。

 いずれにせよ、U-18日本代表が日の丸をつけない無地のポロシャツをあえて選択したことで、逆に日本側の過剰反応に対して焦点が当たってしまった感は否定できない。これに乗じた韓国側がさらに増長し、よりおかしな方向へ行ってしまったら本末転倒だ。何でもかんでも、媚びへつらうのは考えものである。

 決勝戦でU-18侍ジャパンのチームメンバーたちが勝利し、それまでのうっ憤を晴らすかのように堂々と日の丸を掲げる姿をぜひ見たい。

★拙速な判断が、より問題を複雑にしてしまいました。高野連はしっかりと検証すべきだと思います。   個人間融資掲示板マロンツリー管理人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る