「こうのとり」打ち上げ成功

 国際宇宙ステーション(ISS)へ物資を運ぶ無人補給船「こうのとり」8号機が25日午前1時5分、種子島宇宙センター(鹿児島県)から、H2Bロケット8号機で打ち上げられた。15分後、打ち上げを担った三菱重工業は、こうのとりがロケットから正常に切り離され、予定の軌道へ投入されたと発表した。H2Bロケットの打ち上げは8回連続の成功となった。

 昨年11月に全面施行された宇宙活動法で、衛星や補給船を搭載したロケットの打ち上げについて、国が許可すれば民間企業も出来るようになった。今回、同法に基づき、企業が打ち上げを実施した初の例となった。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))によると、こうのとり8号機は水や食料をはじめ、ISSの日本実験棟「きぼう」と地上との通信試験に使う光通信実験装置、きぼうから放出する予定の小型衛星3基など、約5トンの荷物を運ぶ。順調に飛行を続ければ、28日にISSへ到着する見通しだ。開発中の後継機「HTV―X」で使う新しい姿勢制御用のセンサーも搭載しており、その運用試験を行う。

 打ち上げは当初、今月11日の予定だったが、ロケットの発射台で火災が発生するなどしたため、2度延期されていた。打ち上げ後の記者会見で、三菱重工業の宇宙部門責任者、阿部直彦執行役員は「延期では心配をおかけした。無事に打ち上げることができ、安堵(あんど)している」と話した。

☆トラブルはありましたが上手く回避し、H2Bロケットを連続成功させた技術力は、世界に誇れると思います。これからも日本のロケット技術向上に邁進して頂きたいと思います。     個人間融資掲示板マロンツリー管理人

「 個人間融資掲示板 個人間融資 個人融資掲示板 個人融資 融資掲示板 即日融資 借りたい 金欠 金融会社 消費者金融 ブラックでも借りれる ブラックOK 金融ブラック 」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る