即位礼正殿の儀 海外どう見た

外国からの参列者はどう見た? “歴史と伝統に包まれた儀式”

 天皇陛下が即位を内外に宣言された即位礼正殿の儀。海外の人々は、どう見たのでしょうか?

 日本との関係が悪化している韓国からは、知日派の李洛淵(イ・ナギョン)首相が来日。
 「とても荘厳な日本の歴史と文化を感じることができました」(韓国 李洛淵 首相)

 また、アメリカから派遣されたチャオ運輸長官は、JNNのインタビューにこう答えました。
 「歴史と伝統に包まれた非の打ち所のない完璧な儀式でした。テレビや来賓を通して、世界に日本の文化について多くを伝えることができたと思います」(アメリカ チャオ運輸長官)

 一方、海外メディアは、韓国のYTNが生中継で伝えました。そして、天皇陛下が「平和」と「憲法」に言及されたことに触れ、上皇さまのかつてのご発言と「相通ずる」と指摘。「改憲に力を入れている安倍総理と対照的だ」と報じました。

 中国は国営の中央テレビが「第二次世界大戦後に生まれた初めての天皇」、「修士の学位を持ち、留学も経験している」などと、天皇陛下の経歴を紹介しました。

 イギリスのメディアからは、政教分離や皇位継承に絡み、こんな指摘もありました。
 「160億円の税金が投入されることが、政教分離の原則に反するとの批判もある。女性は天皇になれないが、保守的な安倍政権には、これを見直す意欲はほとんどない」(英 ガーディアン紙〔電子版〕)

 日本にとって特別な一日。海外からも熱い視線が注がれました。

「 個人間融資掲示板 個人間融資 個人融資掲示板 個人融資 融資掲示板 即日融資 借りたい 金欠 金融会社 消費者金融 ブラックでも借りれる ブラックOK 金融ブラック 」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る