武漢で集団感染 解除後で初

コロナ「震源地」の武漢、ロックダウン解除後で初のクラスター

 新型コロナウイルスの震源地となった中国湖北省武漢市は11日、約1カ月前にロックダウン(都市封鎖)が解除されてから初となるクラスター(集団感染)が確認されたと発表した。ウイルスの再流行について懸念が高まった。
 武漢は5人の新規感染を報告。全員が同じ団地の住人だという。
 直近で確認された新規感染者は全員、当初は無症状感染者に分類されていた。
 無症状感染者とは、検査で陽性反応を示し他人を感染させる可能性はあるが、発熱などの症状を示さない人たちのことだ。
 中国における無症状感染者の数は不明。こうした人たちは、接触者の追跡や健康診断の一環として実施される検査で陽性が確認された場合にのみ、保健当局の目に留まることになる。しかし中国では、無症状感染者は感染の症状を示すまでは全体的な症例数には含まれない。
 中国本土の感染者数は累計で8万2918人となった。
 北東部の吉林省舒蘭市ではクラスターが確認され、市民60万人に対して週末にロックダウン措置が取られた。

「 個人間融資掲示板 個人間融資 個人融資掲示板 個人融資 融資掲示板 即日融資 借りたい 金欠 金融会社 消費者金融 ブラックでも借りれる ブラックOK 金融ブラック 」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る