フジロック今年中止 正式発表

「フジロック」今年の開催中止を正式発表「危機的状況を無視することは出来ない」来年8月に延期

 日本のロック・フェスティバルの先駆けで、毎年夏に新潟県湯沢町の苗場スキー場で行われている日本最大規模の野外音楽イベント「フジロックフェスティバル」は5日、新型コロナウイルス拡大の影響を受け、8月21~23日に予定していた今年の開催を中止すると公式ホームページで正式発表した。来年の8月に延期される。

 1997年の初開催以降、中止となるのは初めて。

 「FUJI ROCK FESTIVAL’20 開催延期のお知らせ」のタイトルで、「フジロックに携わる全ての皆さまの安全と健康を考慮し、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、8月21日(金)22日(土)23日(日)に予定しておりましたFUJI ROCK FESTIVAL’20の開催を断念し、来年の8月へ延期する事にいたしました」と発表。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響から正常化することを期待して、今年も予定通りのフェスティバル開催を目指し準備してきたが、「緊急事態宣言が解除されてもなお世界的に収束の目処は立っておらず、現時点において日本への入国拒否対象地域の拡大など、厳しい制限措置は未だに解除されていません」とし、「そして、何よりも人々の健康と安全、私たちの生命を脅かすこの危機的な状況を無視することは出来ません」と説明した。

 購入済みのチケットについては「払い戻しの対応をさせていただきます。また、来年のフジロックでも有効となりますので、保有したまま来年ご利用いただくことも可能です」としており、「払い戻しの詳細等につきましては、近日中にご案内させていただきますので今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます」と伝えた。

 また、来年8月の開催に向けて「人々が互いに尊敬し合い、健康と安全を取り戻せる未来が近い事を信じ、来年の8月に苗場でお会いできる事を楽しみにしています」と呼び掛けた。

 今年は3月17日、出演33アーティストを一挙発表。14年ぶり参戦のロックバンド「THE STROKES」、7年ぶり参戦の新世代ロックスター「TAME IMPALA」と2組のヘッドライナーが決定。同日、チケット1次先行販売を開始した。

 4月3日、新たに29組の出演者を発表。「忌野清志郎 Rock’n’Roll FOREVER」と銘打ち、奥田民生(55)甲本ヒロト(57)トータス松本(53)らのゲスト出演、テクノデュオ「電気グルーヴ」の4年ぶり参戦が決定。同日、チケット2次先行販売を開始した。

「 個人間融資掲示板 個人間融資 個人融資掲示板 個人融資 融資掲示板 即日融資 借りたい 金欠 金融会社 消費者金融 ブラックでも借りれる ブラックOK 金融ブラック 」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る