ワクチン米国優先 大統領命令

ワクチンは米国人優先 トランプ氏が命令、供給不足の恐れ

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は8日、米国産ワクチンが米市民に「最優先で」接種されることを求める大統領令に署名した。これに先立ち、米政府が今後数か月間で必要となる量のワクチンを確保する機会を逃したとの疑惑が浮上していた。

 製薬各社は既に各国と新型コロナウイルスワクチンの供給契約を結んでおり、大統領令がどのように施行されるのかは不明。だが今回の措置は、今後数か月で数千万人の接種を目指している米政府がワクチン不足を懸念していることを示唆している。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は7日、米政府がこの夏、米製薬大手ファイザー(Pfizer)のワクチンを追加発注する機会を逃していたと報道。米政府は来年6月末までに全国民へのワクチン接種を目指しているが、この報道により、米国が十分な量のワクチンを確保できるかどうかについての疑念が浮上した。

 同社のワクチンは1人につき2回の接種が必要で、米政府は既に1億回分を発注。だが報道によると、米政府が追加発注をためらう中で、ファイザーは他国との契約締結を進めた。同社のワクチンは臨床試験(治験)の最終段階で95%の有効性を示したが、この試験結果は夏の時点ではまだ出ていなかった。【翻訳編集】 AFPBB News

「 個人間融資掲示板 個人間融資 個人融資掲示板 個人融資 融資掲示板 即日融資 借りたい 金欠 金融会社 消費者金融 ブラックでも借りれる ブラックOK 金融ブラック 」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る